アナウンサー受験~アナウンススクールに通って経験したことと感じたこと

声優ナレーターへの道

アナウンサーを目指して、アナウンススクールに通う方も多いかと思います。

キー局や地方局が開講しているスクールや、地方でも、地方局のアナウンサーを輩出したり、ラジオのアナウンサーを目指したりと、たくさんのスクールがあります。

私も大学で、就職講座のような講義や、新卒の局アナを目指すスクールに通いました。

アナウンサーを目指して受験する方は、NHKから民放まで、全国いろいろなところへの受験をしている人が多かったです。

アナウンス講座やアナウンススクールに通って経験したことや、感じたことをご紹介していきます。

スポンサーリンク

アナウンススクールで教わったこと

私が通ったのは、2か所です。

大学で開講されている、アナウンサーを受験する人のための講座と、元アナウンサーの方のスクールで、何人もアナウンサーを輩出されているというところでした。

 

アナウンススクールで学んだことは、基本的なアイウエオから、原稿読み、カメラ前で意識すること、フリートーク、確かメイクについてのレッスンもあったと思います。

・立てたい言葉の前に間をあける
・大事なところのスピードを変える

等の基本的な技術を学びました。

 

大学で開講されている講座では、カメラ前のレッスンやフリートークなどはありませんでした。

アナウンサー受験のための写真撮影

当時、アナウンサー受験をするための写真スタジオをアナウンススクールで紹介され、写真を撮りました。

アナウンサー受験専門の写真館で、メイクやヘアセット等をしていただき、スーツも2種類持って行っていたので、着替えて撮影を行いました。

たくさん撮った写真のカットから、これがいいだろうというものを選んでいただき、履歴書用のサイズと、L版サイズの写真を作っていただきました。

 

アナウンススクールに通って感じたこと

高校のアナウンス部を経験していたし、声を使って話すお仕事ということで、方向は同じかなと思っていましたが、演技のほうが好きなんだなと感じました。

アナウンサーは、情報をわかりやすく伝えるお仕事というだけではなく、ラジオアナウンサーでない限り、カメラ前で話すことや、フリートークが必要とされています。

基本的なアナウンス技術を学ぶことができ、フリートークや、カメラ前のワークを学んでいったのですが、自分としてはすごく苦手でした。

 

今思うと、ラジオのアナウンサーを目指す道もありましたが、私が通ったのは、テレビに出演するアナウンサーや、天気キャスターを学ぶスクールでした。
映像があるテレビとは違い、音声だけで伝えるラジオでは、さらに高度なアナウンス技術などが必要とされていたと思います。

数カ月だけ通いましたが、長期間学んでいた方は、フリートークも上手く、内定ももらわれていた方もいらっしゃいました。
記念受験として受験をさせていただきましたが、試験の緊張感などを感じるすることができました。

アナウンサー受験をして感じた大きな劣等感

何より、美人さんが多い
容姿に自信のない私は、それだけで自信を無くしており、カメラ前で原稿を読むことや、映りなどに自信もなかったです。

 

それは、受験のための写真を撮影してより感じました。

美人さんではないし、歯並びにコンプレックスもあったので、コンプレックスの部分がより気になってしまいました

大切なアナウンス技術よりも、容姿を求められることが多い局アナ受験は、それだけで大きな壁だったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました