声優養成所の年齢制限はあるの?実体験からも感じたこと

声優になるために

声優になりたいと声優になりたいと思ったとき、年齢制限があったらどうしよう。

実際に若かったり年齢を重ねていた場合は不利な面があるのかな、と不安な部分もありますよね。

今回、声優になるための実体験や現実的な部分も交えてご紹介していきます。

スポンサーリンク

声優養成所への入所できる年齢制限

声優になるための声優養成所の一般的な年齢は、18~25歳といわれています

後でご紹介する、年齢がさらに幅広い養成所もあります。

年齢制限が幅広い声優養成所も

若くて声優を目指している人は、小学生や中学生が通うジュニアコースが設けられている声優養成所も多いです。

また、年齢制限がない養成所もあります。

 

声優養成所 入所可能な年齢
日本ナレーション演技研究所 小学5年生~35歳
インターナショナルメディア学院 制限なし
青二塾 東京校/高卒以上

大阪校/18歳~28歳の高卒以上

talk back 制限なし
スクールデュオ 中学卒業見込み~30歳

※レギュラークラスは上限なし

俳協ボイス 16歳(義務教育修了)~38歳
81 ACTOR’S STUDIOS 本科/高卒~26歳まで

週1クラス/中卒~40歳くらいまで

 

声優になるため、年齢は関係ないが現実もある

声優になるためは、何歳までと決まっている世界ではありません。
しかし、年齢が上がっていくと、デビューが厳しくなるのが現実です。

 

声優養成所に通い始めてから数年間デビューまでにかかることも多いです。

年齢が若すぎてもいけませんが、比較的若い子の方がデビューしやすいということもあります。

 

アニメ声優となると、若くて元気なキャラに、新人のランクがまだあまりついていない声優が抜擢されることも多いようです。

 

また年齢の高さの声優養成所の制限も確かにあり、日ナレも、以前は40歳まで可能でしたが、中学卒業以上35歳までと令和5年度から変更されています。

40代や50代でも挑戦することはできますが、実際に声優となれるかどうかは年齢を重ねるにつれて難しくなってきます。

デビュー自体も若い子より難しいというハンディがあることを意識したうえで、できるだけ早めに声優への道を考えているなら、挑戦するほうがよいでしょう。

ナレーションや他の、声を使ったり演技していく道も考えていくことも

アニメなどの声優は年齢が関係してくる世界です。
ナレーションは、落ち着いた声が求められることも多いので、ナレーションを勉強していくのも一つの道となるでしょう。

 

また、舞台俳優や、MCなどの司会業等、声を使ってお仕事をする世界は広いので、様々な道を検討することもできます。

 

ただし、はじめからいろいろな道を学ぶのもよくありません

私は、声優になりたいけど、どうしようと検討していて、様々な回り道をしてナレーターへの道を今は歩んでいます。

あのときに、なぜ早く声優養成所への道を挑戦しなかったのか、声優としての勉強に集中していれば何か変わったのかもしれない。
迷っているうちに年齢を重ね、声優養成所で学ぶ機会も超えてしまった。
と、ふとした時に後悔として残っています。

まずは、声優になりたい!という自分の強い気持ちがあれば、挑戦してみる、精一杯やって、声優としては難しくても、自然と他の道が開けてくるということもあるのではないかなと思います。

まとめ

声優になるための声優養成所の一般的な年齢が、18~25歳
幅広い年齢層でも通うことができる養成所もある。

ただ、若い人のほうがデビューを勝ち取ることができる世界

年齢が高い人が、ただ声優をあきらめるのか、声を使った他の仕事に挑戦する道もある。

 

始めたいと思った時が勉強の始め時です。いろいろ考えるうちに年齢は重ねてしまうので、まず行動というのもよいでしょう。

 

まずは、見学会や資料請求から始めてみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました